敗血症とはAbout Sepsis

敗血症とは

敗血症は、感染に対する制御不能な生体反応によって引き起こされる生命を脅かすような臓器障害と定義されます1。世界で1,500~1,900万人の患者があると推定されており2、日本国内では敗血症により、年間約10万人もの方が亡くなっていると推定されています3。敗血症性ショックは敗血症のなかでも特に重症な病態であり、十分な輸液負荷を行った後でも平均血圧65mmHg以上を維持するために血管収縮薬を必要とし、かつ血清乳酸値が2mmol/L(18mg/dL)を超える状態と定義されています4
敗血症患者の体内で起こっている炎症反応、凝固異常、免疫障害、微小循環障害などは、感染した微生物に由来する外因性の物質(PAMPs)あるいは侵襲に応答して細胞から産生される内因性の物質(Alarmin)により惹起されます。PAMPsの中でも、グラム陰性菌に由来する毒素であるエンドトキシンは、強力な炎症、臓器障害を引き起こし、敗血症の主要な原因物質の一つと考えられています。

敗血症の定義

敗血症の定義敗血症の定義
  1. 1“The Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3)” JAMA (2016) 315:801-10
  2. 2“Critical care and the global burden of critical illness in adults” Lancet (2000) 376:1339-46
  3. 3日本集中治療医学会敗血症情報サイト http://敗血症.com
  4. 4“Developing a New Definition and Assessing New Clinical Criteria for Septic Shock For the Third International Consensus Definitions for Sepsis and Septic Shock (Sepsis-3)” JAMA (2016) 315:775-87

グラム陰性菌

グラム染色で染まらない細菌の一群です。グラム陰性菌の細胞壁は二層で薄く、外層はエンドトキシンなどのリポ多糖類を主成分とします。大腸菌・コレラ菌・淋菌・セラチア菌、インフルエンザ桿菌、髄膜炎菌、アシネトバクターなど、多くの種類の菌が存在します。